ぎょるーとボクと、時々アパレル


by donpatti123
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バイト日記1

バイト日記です。


TS関係ありません。

夏休みのバイトについて書きます。






7月のある日

日差しが強く暑かった。

そしてお客さんは暑さに比例して多くなるのである。

日差しでプールサイドのタイルが熱くなっていた。

ボクら監視員は慣れてるから大丈夫だが、お客さんには厳しいかなぁ・・とかそういう思いを込めてタイルに水をまいてやった。


すると、わざわざホースの水を浴びにガキンチョが二人寄ってきた。


スクール水着の少女二人である。

胸元の名札みたいなやつで4年生と3年生の姉妹であることがわかった。

姉の方「なぁなぁ?何歳?」

姉の方がなれなれしくしゃべりかけてきた。

おれ「22歳やで~」

姉と妹「へぇ~」

軽く水をかけてやったら喜んでた。

姉「名前なんていうん?」

おれの下の名前を言ってやったら、また「へぇ~」とか言ってたな。

おれ「名前なんていうのー?」

スクール水着の名札で名前はわかってたけどあえて聞いてやった。

カナ「うちがカナで、こっちがサユ」

おれ「そうかー、いい名前やなぁ」

そのあとも軽くしゃべって、その子達が持ってきてたビーチボールで少し遊んであげた。


どんな子かというと、姉の方は活発ですごいボーイッシュな感じ、よくしゃべる。
妹は姉とはすごくしゃべるけど基本シャイ、女の子っぽい感じで正反対だった。

てかどっちもかわいらしい子だわ。



こういう年子の姉妹ってよくいるような気がする。
そして年子姉妹ってなんか自分達の世界で遊んでる感じがする。
さらに年子の姉妹ってもうなんか平気で叩きあったりするんだよな。

ほら始まった・・・

遊んでるか喧嘩してるのかわからないぐらいの叩きあいが!
[PR]
by donpatti123 | 2007-09-12 23:37 | リアル